大手のプロミスの経営者でも借りれるのか?

短い期間で小口の融資を実行することをキャッシングと呼ばれる事に対し、長期で行う大口の金額融資をカードローンといった様な呼び方の違いがあります。ですので、いざ利用するときにはキャッシングの標準的な基準として基本的に支払は翌月決められた時期に一括払いですが、カードローンですと、長期的な返済の方法、リボ払いとなります。 ですから、金利の方は一般的に見てカードローンの利用の方が高くなります。まとめて全額が返済できる程度のキャッシングなら、サービスとして無利息期間を設定している会社を利用すると、その利息分の節約ができます。 利息がかからない間に全額まとめて返せたら利息が一円も発生しないということになりますので、どんなときにもうれしいサービスと言えます。 一括で全額返済を希望していなかったとしても、利息がいらない期間を設けているような会社ならサービスが充実している場合も多いですから、いろいろなところを比較検討すると良いでしょう。 もし、連帯保証人になってほしいと言われても、借金を払う覚悟が無いのなら連帯保証人の求めには応じないほうがいいです。 実際のところ、連帯保証人として名前を貸したことが原因で人生が狂ってしまったというケースも多いのです。 主債務者が返済できない場合のみ、返済の義務を負う保証人と違い、連帯保証人は主債務者とまったく同様の返済義務が課せられます。キャッシングに申し込む時は個人で借りられますが、返済金を貸してくれとお願いされることもあるかもしれませんし、キャッシングを頻繁に使う人とはあまり関わらない方がよいでしょう。 プロミスのキャッシングには利用可能枠というのがあって、それはその人の収入に応じて決まっているのが、一般的です。 そのため、収入があればある程、上限枠が大きくなり、たくさんの借入れを借りる事が可能です。 とはいえ、各社によっても、その基準の決め方が異なるので、気をつけるべきでしょう。
プロミスは経営者でも借りれる? | プロミス即日審査【スマホ対応】