教育ローンの申し込み方法は?

国の学資ローンと一般的に言われるのは日本政策金融公庫が扱う、教育一般貸付と呼ばれるローンです。
教育一般貸付が作られたのは昭和54年で、これまで410万人がこの学資ローンを使っています。
国の学資ローンの申し込みは、日本政策金融公庫 国民生活事業の各支店や最寄りの金融機関で取り扱われています。
この他、学資ローンには郵貯貸付というローンがあります。
これは簡易郵便局以外の郵便局か、ゆうちょ銀行で申込みができます。
子どもの教育資金を必要とする人向けに学資をローンで貸付してくれるものです。
現在の景気を背景に平成21年8月から制度が拡充されています。
貸付上限金額も、従来は200万円でしたが、300万円に引き上げられ、より多くの融資が可能になりました。
返済の最大期間も10年から15年に延長されたことで、郵貯貸付は従来の貸し付け条件より使いやすく、利用の幅の広い学資ローンになりました。
融資対象も政改革推進法や国会審議を踏まえ、平成20年10月から範囲を変更しました。
現在では世帯収入が1190万円以下なら誰でもこの学資ローンが使えますが、それまでは世帯の収入は1年に990万円以内、事業所得者は770万円以内という制約があり、利用できない人が大勢いたようです。
用途の拡大も学資ローンの使いやすさを増しています。
学校施設へ納める教育費の他にも教材費や教科書費用として使えますし、住居費やパソコン経費として借りたお金を使用することもできます。
国の学資ローンは、独立行政法人日本学生支援機構の奨学金と重複して利用が可能になっています。
たとえ財政事情の問題で進学が困難な家庭に育った子どもでも、学資ローンを利用することによって進学に必要な費用が確保できるかもしれません。