医師不足の地域には特定看護師のような存在が必要?

私は以前、医者がいない無医村にある市の診療所に勤めていた事があります。
看護師は私だけで、医師は週に2回診察に来るだけでした。
若い方は遠くても病院があるところまで行って診察を受けておられましたが、高齢の方はそれが無理なので、週2回医師が来るのに合わせて診察を受けに来られていました。
でもやはり週2回に合わせて体調が悪くなるなんて事は無理で、途中で体調が悪くなって来られる方がおられましたが、私は何も出来ませんので他の病院に早く行く様に、勧めるだけとなる事で、無力感いっぱいになる事がありました。
ここ何年か話し合われてきた特定看護師のように、包括的な指示のみで高度な医療行為が出来る看護師の誕生は、こんな地域には有り難い存在となると思います。
特定看護師という資格は出来ませんでしたが、内容は変わっていないので、まだ希望は持てます。
ただ、しっかり教育を受け、国が認める資格となって動けるようになってほしかったです。