カードローン審査には勤続年数が重要視されます!

カードローン審査では勤続年数が信用情報として重視されます。
カードローン審査を通るためには、安定した収入を得ているということがポイントになります。
もし、アルバイトでも、定期的に収入があるということであれば、学生でも申し込み可能な場合もあります。
けれどもまとまった額の枠をもらうとなれば、決まった年収がカードローン借り入れ後にも続けてあるということが信用を高めるのです。
正社員勤務であることや、勤続年数が長く安定して収入を得ているという実績があれば評価が、高くなります。
高額の借り入れを希望する場合には、特に重視されるといってもいいでしょう。
銀行カードローンの場合には総量規制の対象外ですから、年収が高く無くても、勤続年数や勤務状況が良いことで審査に通りやすくなるのです。
カードローンは母子家庭でも審査通りやすい?【借入れ可能か調査】