フレッツ光プロバイダーに加入する時には違約金の確認をしておこう!

フレッツ光のプロバイダー乗り換えで気をつけたいのが、違約金の発生です。
新規1年間無料だとか、大幅な割引には二年間利用することが条件となっていることがほとんどです。
2月に契約下としたら、二年後の2月は無料で解約出来ますが、それ以外のタイミングで解約や乗り換えを行おうとすれば、5,000円ほどかかります。
フレッツ光からの乗り換えなら、当然、フレッツの解約でも違約金が発生します。
こちらの方は、東日本のにねん割り違約金は9,500円、西日本のどーんと割りでは最高30,000円違約金が発生することになります。
乗り換えで無料期間をお得に使うことが出来ますが、更新月を外してしまうと割引が台無しになってしまいます。
解約や乗り換えの時には更新月かチェックしましょう.