住宅ローンの金利推移はどうなっている?

住宅ローンの金利の推移ですが、過去から比べると住宅ローンの金利はかなりの割合で安くなっていることがわかります。
昔の日本には、バブルの時代があり、政府の金融政策にのっとって決められていた住宅ローンの変動金利は、いまの時代では、全く考えることが出来ないほどの金利になっています。
もし、いまの時代でバブル時期の金利が叩き出されるとすれば、誰一人として住宅ローンを生むことはないでしょう。

ということは、政治の金融対策が良い時期であったとしても、金利は悪い場合があったのです。
子やって考えると、今後の金利の推移はどのようになるのか、気になる点です。
最近の円安も手伝っていたり、アベノミクス政策もこの住宅ローン金利にどのようにかかわるのか、これからの金利推移から目を離すことが出来ない状態です。