フラット35金利と適合証明とは?

長期固定金利のフラット35を利用するためには、取得対象となる住宅が住宅金融支援機構が定めた独自の建築基準を満たしていなければなりません。
そのために対象物件の適合検査を受け、適合検査機関が発行する適合証明書を取得する必要があります。
適合検査は新築住宅の場合は検査機関が行い、中古住宅の場合は検査機関か適合照明技術者(住宅金融支援機構と協定を締結している一般社団法人日本建築士事務所協会連合会および、公益社団法人日本建築士会連合会に登録している建築士)の検査を受けます。
おおまかな手順は、新築戸建住宅の場合、ハウスメーカーや工務店により適合証明機関に検査の申し込みを行うと、設計検査、中間検査、竣工検査と3段階に分けて検査が行われ、最後に現場監督立ち会いの下での検査を経て証明書が発行されます。
フラット35金利一覧!2017年4月の最安金利は?【銀行比較】